「CLIFF EDGE 3rd Album[Re:BIRTH]」

  • 2010/09/16(木) 21:51:26

今日もバイトをがんばった。
短期バイトを初めてもう半月。派遣バイトで同じ時期に入った子たちがけっこういて楽しい。
仕事はだんだんと慣れてきて仕事量も増えてきた。
忙しい部署やコンスタントな仕事量の部署があり配属先によってしんどさが違う。
慣れてきたころにみんなの不満が出てきた。

Aちゃん「しんどい。もうついていかれへん。今日は社員にこのペースは無理って言ったわ。」

と言っていた。
私もけっこう仕事量の多い部署やから毎日かなり疲れる。
でもできへんって言うのが悔しくてなんとかついていってる。

Aちゃん「同じ時給やのになんでみんな公平に仕事させへんねんやろうな。どういう基準で配置決めてるんやろ?」

と愚痴は尽きない。私も同じ給料ならラクチンなほうがいいと思う。でも仕事ができへんから楽な部署に配属っていうのもなんだか嫌だ。
私が考えるに、私やAちゃんや他の人にはラクチンな部署に見えても そこにいる人たちは必死なんじゃないかな?と思う。
私はたまたま今の忙しいところでもなんとかやってるけど意外と他の仕事場に行くとできへんことがあるかもしれへんもんな。
今日、バイトからの帰りに愚痴りまくって帰ってきて ふと栗城史多さんの ダウラギリ登頂  本人撮影映像を見てみると私ってちっぽけな努力で悩んでるかもなあ・・って感じちゃったわ。

同居の彼と一緒に山に登ったことがある。イギリス留学中に比較的登りやすい山。私は山登りなんて平気やと軽い考えで行ったけど 大間違いやった。
山の上のほうになると数メートル進むだけで息があがって歩けない。こんなに山登りって大変なんやとその時に実感した。
そんな経験があるだけに、栗城史多さんが一人で登っている姿に感動しちゃったわ。
撮影も本人がされていてすごいって思った。頂上からの景色を見せてくれてほんと感動した。

今のバイト先は仲良くしてくれてる派遣の子たちが愚痴りながらも励ましあいながら仕事していてけっこう楽しい。
でも一人で挑戦しているソロアルピニストは一人やねんもんなあ。
ベースキャンプで無線でやり取りしてるやろうけど、登ってるときは一人やねんでー。すごいわ。

世界に挑戦してる人と私のバイトのしんどさを比べる私って・・・小さいなあ。

栗城史多さんの応援歌

CLIFF EDGE
NO LIMIT

おもわず一緒に歌いたくなる応援歌だよ。
みんなで無酸素・単独でエベレスト登頂を目指す今話題のソロアルピニスト"栗城史多さんを応援しようぜ!



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する