動脈硬化予防に、コレステロール値をチェックしてバランスを改善しよう!

  • 2010/09/02(木) 20:26:20

健康診断って行ってる?
彼との商売や実家の商売の時はなかなか病院って行けなかったな・・。
商売してると忙しい忙しいといって病院は後回しになっちゃうのよ。
でもね、健康診断って大事だよ。



例えば動脈硬化
動脈硬化は、血管中に増えすぎた悪玉コレステロールが塊(プラーク)となって血管を詰まらせてしまう状態のこと。
血管が詰まってしまうと、心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる怖い病気をもたらす恐れがある。



動脈硬化は自覚症状がないから突然大変なことになってしまうのよ。
TVCM見て突然倒れるサラリーマンの人を見て私もひとごとじゃないって感じたわ。
数年前、持病の治療中のとき血液検査したのよ。
血液中のコレステロール値が高いって言われたことがあるの。
そんなん言われたらショックやで。

コレステロールには、善玉悪玉があるそうなんだけど
血管を詰まらせる塊(プラーク)の材料でもある悪玉コレステロールが増えすぎると、血管壁からコレステロールを回収する善玉コレステロールが少なくなり、とても危険なんだって。

最近の研究から、悪玉コレステロールが正常範囲でも、善玉コレステロールが少なすぎると、動脈硬化が急速に進むこともわかってきたらしいよ。

動脈硬化をもたらす最大の危険因子は、悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランス異常にあるといわれているそう。

そんなん今まで悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスなんて考えたことなかったわ。
コレステロールは全部悪やと思ってたしバランスなんてわからへんもんな。

動脈硬化の進行をとめる、あるいは動脈硬化を減らす ためには、悪玉コレステロール値をガイドラインの管理目標値まで下げたうえでLH比低下させることが重要 なんだって。


数値さえわかっていれば自分で簡単に計算できる。
LH比(管理目標値)は、悪玉コレステロール(LDL-C)と善玉コレステロール(HDL-C)の数値を元に計算することができる。)

今は自分の数値がわからへんから計算できへんけど、今度久しぶりに献血行って検査結果みてみようかな。

やっぱ、健康って自分で気をつけないといけないんだなあって最近つくづく思うのよね。


お母さんはこないだ健康診断行ってたから お父さんと弟にも言わなくちゃ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する